Nanako ~気づきと自然~

日々の気づきの記録です。

いまに生きる③

「いまに生きる」の記事は以前にも書いていますが、大切なテーマであり、また新たな気づきがあったため、再び記事を書きます。

今年度も残りひと月となります。

4月から新生活や新しいことにチャレンジする方も多いのではないでしょうか。

だからこそ、2月3月は、漠然とした不安や焦りに襲われることも多くなるのではないかと思います。

季節的にも冬から春へと向かう途上で、エネルギーがフワフワしやすい時期ですよね。

私はもう、これでもかというほどに、不安で不安で仕方ない今日この頃でした。そして、フワフワして、地に足が着いていない状態だったこともあり、悪夢に襲われたり、金縛りにあったり、エネルギーが上に上がりすぎ、なんともいえない孤独と恐怖とひたすら共にあった2月でした。

また、この1年を振り返ると、保育の仕事をフルでしながらヨガの資格を取得し、仕事でもプライベートでも「進化」の1年でした。

精神的に追い詰められた時期も多く、何をどうしたらプラスに考えていけるのか、迷わないで自信を持てるのか、頭の中がごちゃごちゃしていました。

やりたいことはまだまだありますが、やり切った感も同時にあり、次に何をはじめよう?来年度どう過ごそう?

自分のやっていることに自信が持てない=自分に自信が持てない。それがやりたいことを行動に移せないことにつながり、悪循環に陥りました。


そんな時、自分にまてまて、焦らないでいいんだ。と一度立ち止まって、冷静になります。

保育士2年目がもうすぐ終わり、4月から3年目が始まります。

そして気づきます。まだ始まってもいなかった!

新年度が始まる前から、なぜ不安を抱く必要があるだろうか?

何がそれほどまでに不安を生み出しているのだろうか?

たどり着いた答え、それは、「見えない未来」。

やりたいことはある。しかし、やりたいことを形にするまでの自信と学びと行動力が足りない。

それはなぜか?

→いまに生きていないから!

そう、答えはいつもとってもシンプルだった。

不安を感じる時こそ、自信を持てない時こそ、いまに根を下ろしてみる。

いまに全集中を集めてみる。

そしたらきっと気づくはず。

見えない未来、始まってもいないチャレンジにエネルギーを使う必要なんてなかったということ。

いまに懸命に生きてみる。

エネルギーをいまに注いでみる。

その〝結果〟が未来だから。

未来はいまの結果として訪れることだから。

もちろん、未来にやりたいことを描くこと、理想を持つことは大切です。

しかし、それ以前にいまに安心して生きていなかったり、どっしりグラウンディングしなりしていなければ、いつまで経っても、見えない未来ばかりに意識が飛んだままですよね。

まずは、いまを見てみませんか?

いまの心、いまの体、いまの呼吸。

きっと、足りないものはないはずです。

不安に思う要素もないはずです。

なぜなら、必要なものは全てここにあるからです。

どっしりと大地を捉えることをイメージしながら、エネルギーを下におろしてみます。

不安は過ぎ去り、頭がスッキリしている自分をイメージしてみます。

大丈夫。

いま、この場所でこの心身がたしかにここにある。

やりたいことはしっかり熟成させながら、そのタイミングは自分の中で決めているはずだから、まずは、いまできることからはじめませんか?

チャクラ・クリア瞑想でも、ご自身の心身に意識を向けながら、グラウンディングやエネルギーバランスの安定をご自身の感覚でつかんでいきます。

ご予約はこちらから↓

https://www.rishikesh-yogashala.com/

4月までの残りの時間も有意義に過ごせますように🌿