Nanako ~気づきと自然~

日々の気づきの記録です。

いまに生きる②

今というかけがえのない時間は後にも先にも二度と訪れることはない。

その瞬間がたとえ辛いと感じても苦しいと感じても

その今にどのように生きるか

どのような種をまくかは

自分で選択している。


この肉体を選んだのも今まで何を選択して今があるのかも、全ては必然で全ては自分で選択した結果。

だからこそ、今にどう生きるかは他の誰に縛られることもなく、他と比べる必要もなく、自分次第で未来を変えることができる。

同じ今という瞬間を過ごしていても苦痛と苦しみの中で生きるのか、愛と喜びの内に生きるのか、それすらも選択しているのだ。


意味をもって、使命を持って、この人生の扉を開いた。

毎日実に予想外でいろいろなことが起こってくる。

その中で、動揺と混乱が押し寄せ、本質の愛を忘れ、感情とエゴの波に押しつぶされそうになる時もあるだろう。

自分の課題を目にした時、その壁の高さに、ただただ上を見上げるしかない時もあるだろう。

それでも車輪は回り続け、今という瞬間は去ってゆく。

だとしたら、この毎日の何気ないやりとりは、悲しみや苦しみ、喜びや楽しみは、どれほど愛おしく、成長の機会であるか。


今に愛の種を蒔き続けたら、その種は、未来で愛の花を咲かせるだろう。

今に苦の種を蒔き続けたら、その種は、未来で苦の花を咲かせるだろう。

どちらを選ぶかは自分次第である。

今に生きて、愛から世界を見て愛を選びたい。

そしたら、その愛はきっと広がっていくと信じているから。

 

f:id:ns-kodawari:20181016180102j:image